くすんだクロスの壁を無垢材に変えたい!

くすんだクロスの壁を無垢材に変えたい!

 我が家は3世帯同居中です。この家が建ったのは、私が3歳のとき。ざっと築40年。これまでに増改築を繰り返してきましたが、一番過ごしやすい東側の3部屋は手を入れずじまい。だから、なんとなく残念感が漂います。

 建てた当時の流行だったのか、壁は全部白いクロス。しかも布地なので、きれいにしたいと思ってもホコリを取るのが関の山。現在の見た目は、しょっぱい感じです。居心地がいいのでおじいちゃん&おばあちゃんのスペースになっていますが、ちょっと気の毒。本人達は自分が建てた家なので何とも思っていないようなのではありますが。私としては、一部屋を家族のくつろぎの部屋に改造したい。残りの2部屋をひとつにして、おじいちゃん&おばあちゃんのベッドやこたつを広々と置ける部屋にしたいと思案中。

 日当たりがいいので、太陽が出ていれば暖房なんていらないお部屋です。わざわざ暗くて寒い居間で過ごさなくてはならないなんて、おかしすぎます。ここを居間にリフォームしたら、休日はみんなで日向ぼっこしながらゴロゴロしたい。寒い部屋でみんながコタツに足を入れて寒さに震えるよりも、ぬくぬくとしながら思い思いに過ごす時間を夢見ています。

 おじいちゃん達のお部屋もきれいにしたら、お茶のみ友達だってお招きしやすくなるでしょう。「年寄りが古い部屋に追いやられている」とご近所から思われているのでは?という私の要らぬ心配も払拭できるはず!

 割と古い考えの主人は、おじいちゃんの存命中は勝手なリフォームは申し訳ないと考えています。でも、勝手にするのではなく「リフォーム宣言」をしたら、みんなが喜ぶんじゃないかなあ~と思う次第です。

↑ PAGE TOP